婚活バスツアーは一人参加でもOK♪服装例や失敗談から学ぶ成功のコツ

婚活バスツアーに参加してみたいけど、今一歩踏み出すことができないという独身男女必見!

今回はそんなあなたの背中を後押しすべく、婚活バスツアーに関するよくある疑問や悩みにお答えしていきます。

どんな人が来るの?どんな服装で参加をすれば良いの?なんて不安を抱える必要は、もうありません。

失敗談もこっそりと紹介していくので、婚活バスツアーで絶対に失敗したくないと考えている人は、要チェックです!

婚活バスツアーは一人参加でもOK?まずは不安や悩みを払拭しよう

婚活バスツアーは、一人で参加しても楽しめるのでしょうか。

まずは、そんな基本的な不安や悩みから解決していきましょう。

一人参加者は8割以上に上る

企画内容によって多少異なりますが、婚活バスツアーに参加をする8割以上の人が一人参加です。

そのため、一人参加でも問題ありません。

むしろ友人と一緒に参加をしてしまうとどうしても行動を共にしてしまうので、話しかけにくい空気を自然と作り出してしまいます。

友人と参加をするにしてもなるべく別行動を心掛けて、異性と過ごす時間を大切にしましょう。

一人ぼっちにならないための配慮がある

「ツアー中に一人ぼっちになったらどうしよう…」

上記の悩みは、婚活バスツアーにおける1番の懸念材料だと言っても過言では無いでしょう。

確かに、「隣の座席に誰も座ってくれなかったら…」「散策や見学をする際に相手がいなかったら…」なんて不安がよぎると、足踏みしてしまいますよね。

しかし、結論から言うとそういった心配事は無用です。

バスの座席や食事の座席は基本的にくじ引きで決められ、散策や見学の際はグループでの行動が中心となります。

フリータイム以外は必然的に誰かと行動することになるため、「一人参加でも楽しめた」という嬉しい声が尽きることはありません。

婚活バスツアー参加者の年齢層や年収は?

婚活バスツアーには、どのような人たちが参加をするのでしょうか。

ここでは、参加者の年齢層と年収の2つに着目して、その詳細を紐解いていきます。

婚活バスツアーは30代の男女から大人気

婚活バスツアーは、30代の男女から最も多くの支持を集めています。

40代~50代の参加者も多く、20代の参加者は比較的少ないようです。

そのため、通常の婚活企画よりも平均年齢は少し高めだと考えておいた方が良いでしょう。

参加者男性の平均年収は450万円前後

婚活バスツアーに参加をする男性の平均年収は、450万円前後となっています。

婚活バスツアーだからといって特別平均年収を上回る、または下回るということはないようです。

募集年齢が高いとそれに応じて平均年収も上がるので、意識しておくといいかもしれませんね。

婚活バスツアー前の準備!服装選びのコツ

婚活バスツアーには、一体どのような服装で臨めば良いのでしょうか。

ここでは、そんな疑問を男女別に解消していきます。

服装選びのポイント【男性編】

婚活バスツアーは長時間の行動を余儀なくされるため、動きやすさを意識することが大切です。

しかし、女性との恋を成就させたいのであれば、オシャレには必ず気を配らなければなりません。

ここでは、女性から特に人気が高かったオシャレなコーデを、季節ごとに紹介していきます。

春はジャケットコーデで女性ウケを意識

MENZ-STYLE

春は、女性ウケNo.1であるジャケットが大活躍する季節です。

ジャケット×Tシャツ×チノパンスタイルで、ワンランク上のオシャレ男子を目指しましょう。

Tシャツはロゴや柄があるものよりも、シンプルな無地タイプがおすすめですよ。

夏はシンプルイズベスト


MENZ-STYLE

夏は様々なアイテムを取り込もうとするよりも、半袖のカットソーやポロシャツをサラッと1枚で着るのがおすすめ。

たくさん着込んでしまうと暑苦しく見えるので、涼しげなスタイルで爽やかさを演出しましょう。

秋はニットがおすすめ


Biz front

ジャケットコーデも良いですが、トレンドを意識したいならやっぱりニットは外せません。

特にシャツ×ニットの組み合わせは、誠実さや大人の魅力が引き立つので一押しです。

冬はスタイルが良く見えるPコートをチョイス

Biz front

どうしても着膨れしてしまいがちな冬は、Pコートの着用がおすすめです。

丈が短く細身なコート故にスタイルが良く見えるので、女性から一目置かれる存在になれるでしょう。

スタイルの良さをより強調したいのであれば、ブラックやネイビーのようなダークカラーのコートをチョイスするといいかもしれませんね。

服装選びのポイント【女性編】

バスツアーはアクティブな企画内容なため、パンツスタイルでも問題ありません。

しかし、男性から圧倒的な人気を誇っているのは、やはりスカートコーデです。

ここでは、そんなおすすめのスカートコーデを季節ごとに分けて紹介していきます。

春は華やかな色合いを意識しよう


CECILE

春は、女性らしさが強調されるような色合いが映える季節です。

そのため、白やピンク、イエローといった華やかなカラーを取り入れたコーデがおすすめ。

ピンクに抵抗のある人は、上記のようなくすみカラーのピンクをチョイスすると甘さが抑えられて良いですよ。

夏はワンピースで攻めよう


J’aDoRe JUN ONLINE

夏の人気No.1モテコーデと言えば、やっぱりワンピースは外せませんよね。

これ1枚着るだけで女性らしさ100点満点のコーデが完成するので、服装選びが苦手な人にもピッタリです。

スカートの丈は膝丈くらいを意識して、上品で可愛らしいコーデを目指しましょう。

秋はニット×チェックの組み合わせがおすすめ


ONWARD CROSSET

秋は、モテアイテムの1つであるニットが大活躍する季節です。

チェックのスカートと合わせれば、たちまちトレンドを意識したオシャレ女子に早変わり!

カラフルな色合いも良いですが、秋はブラウンやワインレッドのような落ち着きのあるカラーをチョイスすると季節感が出て良いかもしれませんね。

冬はファー付きコート一択


d fashion

ファー付きコートは、小動物のような可愛らしさとエレガントな雰囲気の両方を演出してくれる万能なアイテムです。

そのため、若者世代の男性だけではなく、大人世代の男性からも人気を博しています。

スカートやワンピースと合わせればさらに女性らしさが増すので、参加者男性たちの視線を独り占めにできること間違い無しです!

婚活バスツアーに持っていくと便利な持ち物

万が一の際に備えて、以下の持ち物を持っていくと非常に便利です。

  • 酔い止めや常備薬
  • 筆記用具
  • ペットボトル入りの飲料
  • のど飴
  • デジカメ
  • 絆創膏
  • ハンカチやティッシュ
  • 時計
  • 折りたたみ傘
  • 虫除けスプレー

特にのど飴や虫除けスプレーは、「それがきっかけで仲良くなれた」といった口コミが複数あったのでおすすめです。

婚活バスツアー参加者の失敗談から学ぶ成功のコツ

婚活バスツアーへ参加したからといって、必ずしも満足の行く結果になるとは限りません。

ここではそんな失敗談に着目して、同じ過ちを繰り返さないよう対策を練っていきましょう。

失敗談1:20歳以上年上の男性ばかりだった

フルーツに目がない私は、この前ぶどう狩り婚活バスツアーに行ってきました。

募集年齢は20代~40代と記載されていましたがそこは特に気にせず、「同年代の20代がたくさんいるだろう」くらいの軽い気持ちで応募しました。

婚活もできてぶどう狩りも楽しめるとかラッキー♪なんて考えていましたが、実はこれが大失敗だったんです!

当日男性陣を確認すると、40代の男性ばかり。

30代の男性もいましたが、10人中なんと3人だけでした。

20代の男性に至っては0人!!

男性たちからはたくさん話しかけてもらえましたが、正直年上過ぎて話が合わないしつまらなかったです。

一応37歳の男性とカップリングはしたものの、既読スルーを決め込んでいます。

20代をターゲットにした婚活バスツアーに参加をすればよかったと非常に後悔しました。

女性でも参加費用は8千円もしたのに、悲しすぎます。(20代 女性)

婚活バスツアーの募集年齢は必ず確認しよう

婚活バスツアーには、20代~40代といった幅広い年代をターゲットにする企画が存在します。

そのため、「同年代の異性と出会いたい」と考えている人は要注意

「20代限定」「20代~30代」のように募集年齢を絞ったツアー企画もたくさん存在するので、しっかりとチェックしましょう。

失敗談2:友人と気になる人が被ってしまった

先日、友人と一緒に婚活バスツアーへ参加をしてきました。

安かったのであまり期待せずに旅行気分を味わおうと考えていたのですが、1人だけすごく素敵な男性が…。

しかも、隣の席になったり散策のグループが同じだったりと、何かと縁がありました。

外見だけではなく物腰も柔らかくて本当にタイプだったのですが、何と友人もその人が気になると言い出し一気に険悪なムードへ

最終的には私の友人とその男性がカップリングしてしまい、思わず泣き出してしまいました。

結局友人とはそれ以降連絡を取っていないので、2人がその後どうなったかは分かりません。(30代 女性)

友人と一緒の参加は失敗談が意外と多い

気になる異性が被ってしまったという体験談の他に、「友人への協力に専念してしまった」なんて声もいくつか見受けられました。

確かに友人の存在は非常に心強いですが、自分の婚活に専念したい人は一人参加をおすすめします。

失敗談3:遅刻したことが原因でカップリングならず

前日遅くまで仕事があり、婚活バスツアー当日に寝坊してしまいました。

すぐに支度をして必死に走り、なんとか10分遅れで到着できたものの汗がなかなか引かずひどい見た目になっていたと思います。

席替えやグループ行動を経てきちんと全員の女性に謝罪をしましたが挽回できず、カップリングは残念な結果に終わってしまいました。(30代 男性)

婚活バスツアーは早め早めの行動を意識しよう

遅刻をしてしまうと、他の参加者からは白い目で見られてしまいます。

もちろん、異性からの評価はマイナスからのスタートになってしまうでしょう。

いくら一緒に過ごす時間が長いとは言えども、そこから挽回をしていくのは困難を極めます。

他の参加者やスタッフに迷惑をかけることのないよう、必ず時間に余裕を持って行動をするようにしましょう。

失敗談4:疲れて寝入ってしまった

友人が婚活バスツアーをきっかけに彼女ができたのを羨ましく思い、自分も参加を決意しました。

街の散策をした後にコスモス畑を眺めて、乳搾り体験もできるという盛り沢山な内容に惹かれたのですが、街の散策をする最初の段階でヘトヘトです。

思いのほかたくさん歩くし足は痛いしで、口数も自然と少なくなってしまいました。

集合時間が早かったこともあり帰りの車内では寝入ってしまい、隣の席の女性には本当に申し訳ないことをしたと思います。

自分には本当に向いていないと悟ったので、バスツアーではなく他の婚活企画への参加を検討しようと思います。(30代 男性)

自分に合った企画内容を選ぼう

一口に婚活バスツアーと言っても、その内容は様々です。

朝早くから集合して夜遅くに解散する企画もあれば、昼頃に出発して夕方には終わる企画もあります。

体力に自信がない人は、半日程で終わる婚活バスツアーに目を向けてみるといいかもしれませんね。

婚活バスツアーで素敵な思い出と恋を掴み取ろう

初対面の異性とプチ旅行をする婚活バスツアーは、どうしても敷居が高いイメージがありますよね。

しかし、失敗談や注意点を事前におさえて成功のコツをしっかりと学べば、充実した1日を過ごすことができます。

思い出を作りながら気になる異性にアプローチをかけたい人は、婚活バスツアーをぜひチェックしてみて下さいね。

最初のコメントをしよう

必須