必見!婚活デート3回目にあなたが何をすべきか本気で考えました!

婚活で出会った相手と仲を深めるためのデートは、お互いをよく知るためにとても大事なステップです。

その中でもとりわけ重要だと言われているのが「3回目のデート」

 

さて、なぜ婚活において3回目のデートが重要視されているのでしょうか。

そして、3回目のデートではどのような振る舞いをしたら良いのでしょうか。

 

今回はそんな「3回目の婚活デートの成功法」について徹底的にリサーチしてみました!

 

 

もくじ

婚活デートの3回目にはどのような意味があるのか

 

婚活における3回目のデート。

「交際に発展するか否かの非常に重要なタイミングであり、ここで失敗するとその後は脈ナシ」とも言われています。

3回目の婚活デートの重要性を知ってもらうために、まずはじめに「3回目の婚活デートの意義」について、ご説明していきたいと思います。

 

 

二人の関係のターニングポイント

婚活において、相手を見極めるタイミングは速くても遅くてもいけません。

結婚相手として考えられるか。また、相手にその気があるのか

こういった判断を下すのに必要なデートの回数が、だいたい3回くらいと言われています。

 

婚活では、実にたくさんの異性と出会うチャンスがあります。

このまま相手と仲を深めていくのか、それとも見切りをつけて新しい出会いを探すのか。そんな大切なターニングポイントが訪れるのが、3回目のデートなのです。

 

 

素を見せ合った上で判断を下せる

1回目のデートではお互いに他人行儀で、2回目のデートでもまだ緊張が残っている状態だと思います。

そこで重要なのが、3回目のデートです。同じ人と3度会い、ある程度リラックスした状態で話せるようになったとき、お互いに素が出やすくなるでしょう。

 

猫を被った状態でなく、素の部分を見てもなお、結婚相手としてお付き合いをしたいと思うのかどうか…。

3回ものデートをこなした後だからこそ、冷静に判断ができるのではないでしょうか。

 

 

相手の好意を確信し、告白の成功率を上げる

1回目はお試しデート。2回目は初デートで悪くなかった印象を再確認するためのデート。

そして3回目のデートは、相手のことをもっと知るため・もしくはもう一度会ってアリかナシかを確かめるため、という意味合いを持っています。

 

2回目のデートでナシだと判断された場合、3回目のデートにつながることはないので、相手が3 回目のデートに応じてくれた時点で多少なりとも脈があると考えて良いでしょう。

 

このように相手の好意を確認できるというのも3回目のデートが重要視される理由です。

婚活においては、告白=3回目のデートが最適と覚えておいてください。

 

 

婚活を成功させるために婚活デートの3回目にすべきこと5選

 

婚活における3回目のデートの意義を知ったところで、次に「3回目のデートですべきこと」についてお伝えしていきます。

 

3回目のデートでとる行動に、あなたの婚活の命運がかかっています。

 

全部で5つある「3回目の婚活デートの注意点」をしっかりチェックして、婚活デートを成功させましょう!

 

 

一緒に楽しめるデートプランを考える

1回目と2回目のデートでは、食事が中心の短時間のデートになることが多いかと思います。

そこで、3回目のデートでは「昼から会う&夜に食事」という少し長めのデートプランを組み立てましょう。

 

何かを一緒に見たり、新しい体験をしたりと、二人で楽しめるプランがおすすめです。

ここで一番重要なのは、「二人で楽しむ」ということ!

 

相手に楽しんでもらおうと気を使いすぎたり、デートプランを完璧にこなそうとするあまり忙しないスケジュールになってしまったりすると、お互いに気疲れしてしまうので注意です。

自分も相手も楽しめるデートを目指して、1~2回目のデートでしっかりと相手の情報収集をしておきましょう!

 

 

会話を途切れさせない

会話が途中で途切れてしまうことが多いデートは、「あまり盛り上がらなかった」という印象を残してしまいます。

3回目のデートという大事な局面で、こういった印象を与えてしまうのは致命的です!

 

沈黙で気まずい思いをしないためにおすすめなのが、事前に話題や質問をピックアップしておくことです。

相手の興味がある分野に関する話題を用意しておけば、相手も喜んで話に乗ってくれることでしょう。

 

「もっと話したかったのに、時間が足りなかった」と思わせられるよう、会話は極力途切れさせないように努力をしましょう。

 

 

結婚観についてきちんと伝える

3回目のデートでは、お互いの結婚観についての話をしましょう。

理想の家庭像、仕事のこと、家事のこと、子供のこと…などなど、価値観のすり合わせを行ってください。

 

通常の恋愛では3回目のデートで結婚の話=重いなんて思われるかもしれませんが、婚活中の二人にとっては不自然な話題ではないはずです。

こうして結婚観についてきちんと話し合っておくことで、実際に付き合い始めてからのギャップをなくすことができます。

 

ただ、それぞれの家庭の事情などの深い話は、きちんと交際を始めて関係を築き上げてからの方が良いかもしれません。

 

 

行きつけのお店に連れて行く

あなたの行きつけのお店に、相手を連れていくというのも効果的です。

行きつけのお店には当然あなたの知り合いがいるはずで、連れて行かれる側としても身が引き締まる思いがするもの。

知り合いに紹介されることを嬉しく感じる人も多いのではないでしょうか。

 

連れていく側にとっても、普段自分がどのようなコミュニティの中で生活をしているのかを見てもらうことで、相手を安心させることができるというメリットがあります。

このように、本気度の高さを知ってほしいという場合に行きつけのお店はかなり使えます!

ただ、異性の知り合いがたくさんいるようなお店は、相手に不信感を抱かせてしまう恐れもありますので、気をつけた方が良いでしょう。

 

 

相手の様子を伺いつつ気持ちを伝える

相手も脈アリだと感じることができたなら、3回目のデートではきちんと気持ちを伝えましょう。

「お互い両思いだからわざわざ告白しなくても大丈夫」と油断していると、あなたの結婚に対する本気度が伝わらないかもしれません。

 

「結婚を前提に付き合っていきたい」と素直に伝えることで、相手にも真剣さが伝わるでしょう。

基本的に男性からの告白が望ましいですが、女性のみなさんも言葉や態度で好意を伝えて相手が告白しやすい雰囲気を作ってあげてくださいね。

 

 

これはNG!婚活デート3回目でタブーな行動!

 

「3回目のデートですべきこと」についてお伝えしてきましたが、次に「3回目の婚活デートでのタブー」をご紹介したいと思います。

雌雄を決する大事なタイミングだからこそ、3回目のデートではいつもと違う行動をとってしまいがちです。

 

自分で自分の首をしめることのないよう、「3回目の婚活デートのタブー」をチェックしておきましょう!

 

 

具体的すぎる話をする

結婚について話し合うのは良いのですが、具体的すぎる話は避けましょう。

例えば、両親と同居してほしい。介護をお願いすることになるかもしれない。

子供には絶対に家業を継がせたい…。

といった話題は、付き合い始める前にするような話ではありません。

相手のことをよく知らない状態で聞く話と、相手のことを十分に理解し好意を抱いている状態で聞く話とでは、大きく印象が異なります。

プライベートな話は、しっかりと信頼関係を築いた上で打ち明けるようにしましょう。

 

 

強引に関係を進めようとする

「3回目のデートでキメなくては!」と焦りすぎて、強引に関係を進めようとするのもNGです!

プランを詰め込みすぎたり、高価なプレゼントを贈ったり、体の関係を迫ろうとしたり…。

こうした行動は、間違いなく裏目に出てしまうでしょう。

少しでも相手に良い印象を残したい気持ちはわかりますが、奇をてらった行動は逆効果になってしまう恐れが多いのです。

「3回もデートに応じてくれている時点で、自分を気に入ってくれているのは間違いないはず」と自信を持って、いつも通りのテンションでデートに臨んでくださいね。

 

 

自分の個性を出しすぎる

ありのままの自分を見てほしいからといって、個性を出しすぎるのもおすすめできません。

好きな人の欠点は見逃せるかもしれませんが、まだよく知らない相手の欠点というのは目につきやすいものです。

たった3回しか会っていない異性に対して「自分はこういう人間だけど好きになってくれ」「自分を理解してくれ」というのはわがままです。

家族や親しい友人に見せる顔と、恋人候補に見せる顔は、イコールでなくて構いません。

相手にどう思われたいのかを意識して行動するのも婚活を成功させる大事なポイントなのです。

 

 

自分の気持ちばかり伝えようとする

3回目のデートは、大事なアピールチャンスです。「もしかすると次はないかもしれない」と思うと、限られた時間を最大限に使って自分の気持ちを伝えたくなる気持ちもわかります。

そこで気をつけてほしいのが、「自分ばかり話さずに、相手の話もきちんと聞く」ということです。

 

焦っているときは、どうしても自分本位の会話になってしまいがちです。

相手がその焦りを一生懸命さと捉えてくれれば良いのですが、場合によっては自分勝手な印象を与えてしまう恐れも…。

相手に気を配りつつ3回目のデートをこなすことができれば、告白成功の確率も高まることでしょう。

 

 

婚活デート1回目や2回目、次の4回目は何をすればいいのか

 

3回目の婚活デートですべきこと、また、絶対にしてはいけないことについてお伝えしてきました。

ここで多くのみなさんの頭に浮かぶのが、「じゃあ1回目、2回目、4回目のデートでは何に気をつけたら良いの?」という疑問だと思います。

その問題についても、以下にしっかりとまとめさせていただきました!

 

3回目のデートはたしかに重要ですが、その前後のデートでの振る舞いも非常に重要です。

1~4回目のデートで気をつけるべきポイントを網羅して、婚活デート成功のコツをつかみましょう!

 

 

1回目のデートで気をつけること

・清潔感のある身だしなみを心がける

1回目のデートにおいて、第一印象は非常に重要です。

相手に良い印象を与えるために、まずは見た目に気を使いましょう。

洋服にシワや汚れはついていないか。爪は伸びていないか。髪の毛はきちんと整えられているか。口臭や体臭などに問題はないか…。

このように「清潔感」を意識した格好をすることで、万人受けしやすい見た目に近づくことができるでしょう。

 

 

・短時間のデートにする

初めてのデートは、2~3時間程度の食事デートをおすすめします。

食事デートは長くても数時間で終わることから、会話が続かず気まずい思いをする可能性が低いのです。

また、軽くお酒を飲むことで、リラックスした状態で仲を深められるというメリットもあります♩

 

お互いのことを良く知らない状態での長時間デートは、相手を疲れさせてしまいます。

まずは数時間程度の食事デートで、相手との距離を縮めていきましょう。

 

 

・相手のノリやテンションに合わせる

1回目のデートでは、会話の内容やペースを相手に合わせることを意識してみてください。

初めてのデートの目的は、何といっても「またこの人に会いたい」と思ってもらうことです。そのためには、相手を楽しませるための工夫をしなければなりません。

 

相手の興味がありそうな話題を掘り下げたり、頻繁に相槌を売ったり、相手の話に積極的に食いつくなどして、会話をどんどん広げていってください。

興味深く話を聞いてくれるあなたに対し、相手も「この人といると楽しい」「また会って話がしたい」と感じることでしょう。

 

 

・次のデートの約束をする

1回目のデート中にしておきたいのが、「次のデートの約束」です。

会話の中で、相手から「ここに行ってみたい」「こういうことがしてみたい」という希望が出てきたら、絶対にスルーしないでください!

 

「今度一緒に行きましょう」「私も気になってたんです」と返すことで、次のデートの内容が自然に決定します。相手の様子を伺いつつ、その場でスケジュールを決めてしまうというのもおすすめですよ♩

 

 

・食事代は男性が払う&女性も払うそぶりを見せる

お付き合い前の段階では、できるだけ男性がお支払いをした方が懸命です。

結婚相手を探している女性は、男性の経済観念もチェックしています。

歴代の彼女たちに対しては割り勘派だったという男性も、婚活ではぜひ自分が支払うように心がけてみてください。

もちろん、女性も「払ってもらって当然」という態度ではいけません。

お会計の際にはお財布を出したり、感謝の言葉をきちんと伝えたり、カフェでは女性側が支払ったりするなど、相手の男性に対しての配慮を忘れないようにしましょう。

 

 

2回目のデートで気をつけること

・間が空かないうちに2回目のデートを設定する

1回目のデートと2回目のデートの間は、なるべく空けないようにしましょう。

初めてのデートで良い印象を残すことができても、次のデートまでに時間が空いてしまうとその印象は薄くなってしまいます。

 

また、婚活中ということで、相手に対し他の異性からのアプローチがないとも言い切れません。

初めてのデートが終わったら、お礼メールを送るのと一緒に2回目のデートの日程を決めましょう。

「またご飯いきましょう♩」なんてぼんやりしたメールだと、相手に「脈なしなのかな?」と勘違いされてしまう恐れもありますので、お誘いはストレートにしてくださいね!

 

 

・1回目のデートで得た情報をもとにプランを立てる

2回目のデートの良いところは、1回目のデートで得た情報をもとにデートプランを組み立てられるところです。

相手の食事の好みや、好きなお店の雰囲気、興味のある分野。

こうした情報を2回目のデートで反映させることで、相手も「きちんと自分の話を聞いてくれていたんだな」と嬉しい気持ちになるはず!

 

デートの内容がワンパターン化しないよう、相手の喜びそうなデートプランを練って2回目のデートに挑みましょう。

 

 

・落ち着いた場所を選び、ゆっくり会話できる環境を作る

2回目のデートでは、相手のことをさらに良く知るために、落ち着いて会話ができそうな場所を選んでください。

年齢層が高めのダイニングバーや、座席間の広いレストランなど、周りの会話が気にならなさそうなお店を探すと良いでしょう。

 

多少がやついた場所の方が緊張しなくて済む、という気持ちもわかりますが、騒がしい場所ではなかなか良い雰囲気にはなりづらいもの。

告白の機会になるかもしれない3回目のデートの前に、少しムードを高めておくと良いでしょう。

 

 

4回目のデートで気をつけること

・保留中の場合、急かしたり焦ったりしてはいけない

3回目のデートで告白をしたものの、「考えさせてほしい」と言われた場合、返事を急かしてはいけません。

「お断り」でなく「保留」ということであれば、まだまだチャンスはあります。

相手はもしかすると、4回目のデートで最後の見極めをしようとしているのかもしれませんね。

 

しかし、ここで焦っていつもと違う行動をとってはいけません。

特に「ギャップを狙って自分のキャラを大幅に変えてみる」という挑戦は、4回目のデートではしない方が無難でしょう。

 

 

・結婚に対する相手の希望をしっかり聞く

3回目のデートで良い返事がもらえたOR両思いを確信できたら、4回目のデートでは相手の結婚に対する希望をきちんと聞きましょう。

お付き合いをするかもしれない相手に対して話す内容と、実際に結婚を意識している相手に対して話す内容とでは、違いがあるかもしれません。

 

3回目のデートですでに結婚観について確認をしていたとしても、4回目のデートで再度価値観のすり合わせをすることをおすすめします。

 

 

・彼氏ヅラ&彼女ヅラは控える

3回目のデートでお付き合いをすることになったとしても、その次のデートでいきなり距離を縮めるのは控えた方が良いでしょう。

付き合い始めたからといって急に束縛をしたり、強引な態度をとったりするのは、相手を戸惑わせてしまうかもしれません。

 

結婚前提のお付き合いということで、相手は恋愛に対し普段よりも慎重になっていることでしょう。

3回目までのデートで親密さが増しているとはいえ、礼儀を欠くような態度をとってはいけません。

相手の様子を伺いつつ、徐々に関係を深めていくことをおすすめします。

 

 

まとめ

 

3回目のデートは、その後の二人の関係性を決定する非常に大事なものです。

そんな3回目のデートで気をつけるべきポイントに共通しているのが、「独りよがりにならず、相手を思いやった行動をとること」です。

「今回のデートで付き合えるか否かが決まる!」と思うと、どうしても身構えてしまったり、自分の良いところをアピールするのに必死になってしまいがちです。

 

しかし、デートというのはあくまでも相手がいてこそのものです。

自分のことばかり考えずに、相手ときちんと対話をすることを目的として3回目のデートに挑んでみてください。

 

今回ご紹介した3回目のデートで気をつけるべきことを頭に入れておけば、大きな失敗をすることはないでしょう。

あなたがデートの中で楽しいと感じている気持ちや、相手に対し抱いている好意は、必ず相手にも伝わります。

重要な3回目のデートだからといって緊張せず、いつも通りのあなたでデートに臨んでくださいね♩