婚活パーティーでカップリングした後の流れは?付き合うコツ・断り方・LINEやメールのコツまとめ

 

婚活パーティーで初めてカップリングできたけど、この後どうしたら良いのか分からない…なんて悩みを抱えていませんか?

初めてのカップリングは、「なんてLINEを送ろう」「どうやったら交際に発展するんだろう」といった期待や不安で胸がいっぱいになりますよね。

 

今回はそんなあなたのためにも、カップリング後の対応について徹底解明していきます。

LINEやメールのコツはもちろん、万が一に備えて上手な断り方にもスポットを当てていくので、カップリング後の関係をスムーズに運びたい人は必見です!

 

婚活パーティーのカップリング後に続かない人多数!付き合うには?

 

「婚活パーティーでカップリングができたら、あとはトントン拍子にうまくいくだろう」なんて思っていませんか?

実は婚活パーティーでカップリングを果たした男女が交際へと発展するケースは、意外と稀です

なぜパーティーで気持ちを通わせることができた男女がうまくいかないのでしょうか。

 

その最大の原因は、カップリングができたことへの安堵感!

「カップリングできたからこの先も大丈夫だろう」という油断が生じて時間だけが過ぎていく…このタイムロスこそが2人の間に溝を作ってしまうのです。

 

確かにカップリング後はどのように距離を深めていけば良いのか分からず、連絡をためらってしまいますよね。

しかし、仲を深めるコツや相手から連絡が来ない理由を理解していれば、そんなに身構える必要はありません。

カップリング後に真剣交際へと発展させるためにも、上記の2つを必ずおさえてから婚活パーティーに臨みましょう。

 

婚活パーティーでカップリングしたけど第一希望じゃない…カップリング後の断り方

 

「せっかく念願叶ってカップリングを果たしたのに、相手が第一希望の異性ではなかった」なんて気まずい思いを経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

上手にフェードアウトできたらなぁ…この悩みをいち早く解決したいという人は、事前にスムーズな断り方をマスターしておくのが吉!

相手を傷つけずに断る方法や後腐れなく断る方法は意外とたくさんあるので、もしもの時のために自分に合った断り方を身につけておきましょう。

 

婚活パーティーでカップリングした後のLINEやメールのコツ!相手に好印象を残すには?

 

カップリングした2人の仲を一気に縮めてくれるツールと言えば、LINEやメールですよね。

口にするのは難しくても、文面にすればストレートな気持ちを伝えることができる人も多いので、関係の進展に一役買ってくれる場面があるでしょう。

しかし、LINEやメールには「送るタイミングが分からない」「何て送れば良いのか分からない」なんて悩みも付き物ですよね。

 

知り合って間もない2人はちょっとしたことがきっかけで関係が破綻するケースもあるので、そういった不安要素は必ず解消しておきたいポイント!

メッセージを送る丁度良い時間帯や頻度、異性ウケする話題などは事前に把握しておき、関係を深めていきましょう。

 

カップリング後にフェードアウトした相手と婚活パーティーで再開した時の対処法

 

非常に低確率ですが、カップリング後にフェードアウトした相手と婚活パーティーで再会するケースもあります。

ここではそんな緊急事態を切り抜けるためにも、6つの対処法を事前におさえておきましょう。

 

なるべく接点を持たない

全員との1対1のトークタイムがない婚活パーティーであれば、その相手となるべく接点を持たない方法がおすすめです。

カップリングまで果たした異性ともなれば、相手はあなたのことを高確率で覚えています。

フェードアウトされた相手はあなたにあまり良い印象を抱いていない可能性があるため、なるべく関わらないように行動をする方が良いでしょう。

声をかけて余計に気まずい空気を作るよりも、話しかけずにその場をやり過ごすことをおすすめします。

 

「お久しぶりです」と声をかける

1対1のトークタイムがある場合、見てみぬフリなんてできませんよね。

そんな時は「お久しぶりです」と声をかける方法がおすすめです。

初対面のフリをするよりもずっと誠実な対応なので、その分切り抜けられる可能性も高くなります。

取り繕って変な期待をもたせたくない人にもうってつけな方法ですよ。

 

相手の出方を伺う

自分からフェードアウトした相手がどう接してくるのか、それは実際に話してみなければ分かりません。

そのため、相手の出方を伺ってそれに合わせるのも1つの方法です。

向こうが初対面のふりをしたらこちらも初対面のふりをし、「以前もお会いしましたね」と言われたら「お久しぶりです」と挨拶を交わしましょう。

臨機応変に対応する力が問われますが、相手の反応を見てから行動を起こせるのは大きなメリット!

その場の流れに身を任せて柔軟に発言し、ピンチを上手に切り抜けましょう。

「以前もお会いしましたね」と言われたのに「そうでしたっけ?」とはぐらかすのは、すごく失礼なのでやめましょうね。

 

「スマホが壊れていた」と言う

相手からの連絡を無視してフェードアウトした人は、連絡しなかった理由をスマホのせいにしてしまうのも1つの手!

「スマホが壊れたから連絡できなかった」と伝えれば、相手は「嘘だろうな」と思いつつも察してくれるでしょう。

ただし、その優しい嘘を本気と捉えて「まだ脈があるかもしれない」と期待する人もいるので、使いどころには注意が必要です。

 

「友人の付き添い」と言う

好きな人ができたことや仕事が忙しいことを理由にフェードアウトしたのに、婚活パーティーへ参加をしていることがバレてしまったら気まずいですよね。

そんなときは、友人の付き添いで参加をしていると嘘の言い訳をしましょう。

もし「友人は何番?」と聞かれたら、「急にキャンセルしちゃって…」と告げて乗り切るのがベスト!

あまり長く言い訳をすると嘘がバレてしまう可能性が高いので、必要最低限の嘘だけを伝えてピンチを切り抜けましょう。

 

スタッフに相談する

ひどいことを言われたりされたりしてフェードアウトをした場合は、パーティーが始まる前にその異性と話したくない旨をスタッフに相談するのもおすすめ。

スタッフの質が高いパーティーであれば、希望が通る可能性が高いです。

自分で解決を図ることが難しいときは、無理せずスタッフの力を借りて対処を行っていきましょう。

 

カップリング後の対応で命運が分かれる

婚活パーティーでのカップリングは確かに大きな成果です。

しかし、婚活という長い道のりで考えると、カップリングはスタート地点に過ぎません。

この先の対応次第で2人の関係性は良くも悪くも発展していくので、油断するのはNG。

カップリング後のコツをしっかりとおさえて、あなただけのベストパートナーを見つけに行きましょ

最初のコメントをしよう

必須